ホーム個人情報保護についてご意見・お問い合わせサイトマップ

TEL 0823-40-2501 FAX 0823-40-2502 Mail info@etajima-syakyo.org
受付時間:午前8:30から午後5:15まで 定休日:日曜、年末年始休

地域づくり・ボランティア

地域づくりに協力したい

小地域福祉活動推進事業

なぜ、今、小地域福祉活動なのか?

地域の中には、元気な人たちばかりではなく、高齢者や障がい者、お子さんをはじめとして、何らかの手助けを必要としている人たちも暮らしています。こういった方々地域で生活する上で、頼りになるのは、家族であり、友人であり、そしてご近所の人たちです。

しかし、過疎化、少子高齢化、核家族化などの影響で人間関係が希薄になってしまった今、「助けてと言えない」、または「助けてと言える相手がいない」人が増え、そのまま困りごとを解決できずに我慢して生活しています。

そこで今、個人の困りごとを個人に留めることなく、地域全体で支え合い助け合う、「小地域福祉活動」が注目されているのです。

小地域福祉活動の範囲

江田島市社協では、お互いの顔が見える関係づくりに重点を置き、小地域の範囲を、おおむね自治会単位(小学校区)としています。しかし、活動内容によっては、各自治会の世帯数や自治会間の話し合いにより、複数の自治会の合同でもよいと考えています。

社協の目指す「小地域福祉活動」

事業推進の3本柱
① 住民参画(手動)の取り組み

社協はあくまでサポート役。地域性に沿わない活動は定着しない。

② 行政との連携、役割分担

住民のみが地域福祉を引き受けるわけではない

③ 透明性のある事業推進

常に進捗状況を住民に発言(広報誌などで)。希望者がいれば推進協議会メンバーに(特定の人たちがやっている活動ではない)。

小地域福祉活動の流れ

小地域福祉活動推進の具体的手法
江田島市社協では...

江田島市社協では、平成20年度小地域福祉活動推進モデル地区として、「中町地区」と「三高地区」の2地区を指定。

「モデル地区の特徴」     ・人口約2000人(約800世帯)     ・老齢人口(65歳以上)の割合が多い = 高齢化率が高い     ・交通の便が悪い     ・個人商店の閉店が目立つ
① 地域を組織化
② 地域を知る
③ 地域で話し合う
④ 地域で活動を起こす
⑤ 地域で振り返る

▲ ページトップへ

ふれあいサロンに参加したい

ふれあいサロン

ふれあいサロンとは

ふれあいサロン
応援キャラクター
カンちゃん
ふれあいサロンは、地域内の『仲間づくり』や『出会いの場づくり』を応援する活動です。

身近な地域で暮らすご近所さんが集まっておしゃべりなどを楽しみながら、友達・仲間の輪を広げていく!定期的な交流を通して、一人ひとりの『自分らしさ・生きがい』など、心豊かな暮らしをお互いに応援しあっていく!

「誰でも自由に参加でき、それぞれが好きなことができる空間」

それが「ふれあいサロン」です。

ふれあいサロンが目指すもの

「ふれあいサロン」が目指すもの… それは「支え合いのまちづくり」です。地域に暮らす全ての世代が「ふれあいサロン」に参加することで、顔見知りの輪が地域全体に広がっていきます。そしてそれが日常的な交流となり、お互いの生活上の困りごと、心配事に気づけるようになっていけば、ごく自然に、地域内での「支え合い」「助け合い」の活動へとつながっていくのでは、と考えています。

「ふれあいサロン」から始まる「支え合いのまちづくり」、あなたの地域でも始めてみませんか?

ふれあい・いきいきサロン ふれあい・いきいきサロン ふれあい・いきいきサロン
ふれあいサロン活動の効果

サロンに参加することによって、新たな仲間づくり、生きがいづくりになり、それが、閉じこもりの防止や、寝たきりや認知症の予防につながっています。また、小さなお子さんを抱えたお母さん方の、育児の悩み相談やストレス解消にも効果が期待されます。

誰が運営するのですか?

地域の人なら誰でもできます。現在活動しているサロンは、参加者が協力しあって運営しています。サロンの参加者は、ある時は「利用者」、ある時は「運営の担い手」です。

参加対象者はどんな人ですか?

子どもからお年寄りまで、どなたでも参加できます。

  • ・あまり人に会う機会がない。
  • ・一日中テレビをぼんやり見ている事が多い。
  • ・家族とあんまり会話がない。
  • ・一人で食事をするのは味気ない。
  • ・ご近所付き合いがあまりない。
  • ・家族や友達がいなくなって寂しい。
  • ・高齢者同士、仲間づくりをしたい。
  • ・子育て等、相談できる相手がほしい。
  • ・楽しそうだから、一声かけてほしい。
  • ・疲れるから遠くには出かけたくない。
  • ・寝たきりや認知症になりたくない。
  • ・最近、外出がしんどくなった。
どのような場所で開催するのですか?

参加者が集まりやすい場所なら、どこでもOKです。例としては、公民館・集会所・民家・お寺などがあります。近所に集まりやすい集会所等がないので、自宅をサロン会場にしているサロンもあります。

どんな活動をするのですか?

決まりはありません。運営の担い手と参加者が話し合って、それぞれの地域にあった活動内容を決めています。みんなが興味のある事や、関心のある事にあわせて、自由に企画してみましょう。(お茶を飲んで喋るだけでもOKです)
主な活動として、食事会・茶話会・お花見・体操・ゲーム・趣味活動・健康チェック等が挙げられます。(要請があれば、職員がお手伝いしたり、備品の貸し出しを行います)

参加費は?

社協からサロンの活動助成金として年間3万円を支給しますので、サロン運営に足りない部分は参加者が会費を出し合ってください。江田島市内の各サロンは、だいたい一人一回200円~500円くらいの会費で活動しています。

回数や時間の決まりはありますか?

特に回数や時間にこだわる必要はありません。夏の暑い時期や、年末・年始の忙しい時期は休まれるサロンが多いです。時間も、皆さんが集まりやすい時間帯で、短い時間でも大丈夫です。※最低でも年10回以上の開催を目標にしてください。

始めるにはどうしたらいいですか?

やはり地域の有志の方々のチカラは絶大です。サロンを始めたい方がいても自ら声を挙げることは遠慮しがちです。身近な地域に住む有志の方々から誘われるのを待っていると思われます。まずは近所の方々に声を掛けてみましょう。もちろん、我々社協もお手伝いいたします。

江田島市内のサロン

江田島市内では、現在60ヶ所のサロンがあります。

気軽に集える地域の「お茶の間」

▲ ページトップへ

ボランティアがしたい

えがおえたじま応援センター

えがおえたじま応援センターとは?

『江田島市社会福祉協議会ボランティアセンター』のことです。ボランティアセンターという名称だとちょっと硬いイメージではないですか?「もっとやわらかいイメージでわかりやすい名称にしよう!」と考えたところ、『あなたの生活を応援します』ということから『えがおえたじま応援センター』になりました。

 

えがおえたじま応援センター応援キャラクター
エータくん

キャッチフレーズ
えがお たくさん じぶんたちで まちづくり
応援センターで応援していること
ボランティア活動を応援

【 相談 】

ボランティアを「したい」「お願いしたい」という人が、気軽に相談できるように専任のボランティアコーディネーターを配置しています。

【 コーディネート 】

「支援する側」「支援される側」という関係ではなく、お互いを認め合い、対等な関係で協働できるつながりづくりを推進します。

えがおえたじま応援センター えがおえたじま応援センター えがおえたじま応援センター
【 ネットワーク 】

さまざまな個人や団体がつながる出会いの場づくりを推進します。

えがおえたじま応援センター えがおえたじま応援センター えがおえたじま応援センター
【 情報発信 】

地域福祉活動情報誌『しおかぜ通信』を発行し、活動をアピールしています。応援センター会報『ハマレポ』、ふれあいサロン情報誌『サロン通信』の発送。

【 学びの場 】

ボランティア養成講座や研修の開催、福祉教育・ボランティア学習を推進します。

えがおえたじま応援センター えがおえたじま応援センター えがおえたじま応援センター
【 ボランティア活動保険 】

安心してボランティア活動が行えるよう、ボランティア活動中の事故(ケガ、物損など)に対応した「ボランティア活動保険」「ボランティア行事用保険」等があります。お申し込みは、江田島市社会福祉協議会の窓口で受け付けています。

ふれあい・いきいきサロン活動を応援
【 相談 】

サロン活動に関するアドバイス(開設、運営等)や、レクリエーション等の提供をしています。

えがおえたじま応援センター えがおえたじま応援センター えがおえたじま応援センター
【 サロン運営資金の補助 】

サロン参加者の皆さんの負担を軽減するために、運営補助金を出しています。

【 世話人会議・研修会の開催 】

より良いサロン運営をめざして、世話人会議や研修会を開催しています。

えがおえたじま応援センター えがおえたじま応援センター えがおえたじま応援センター

ふれあい・いきいきサロンについてはこちら

支えあいのまちづくりを応援
【 相談 】

地域住民の皆さんが主役になって、地域の困りごとの解決に取り組めるよう、職員が地域内で開催される会議や懇談会等に積極的に参加します。

えがおえたじま応援センター えがおえたじま応援センター えがおえたじま応援センター
【 研修会・勉強会等の開催 】

地域の皆さんが協議する場や、他の地域で実施されている先進的な取り組み等を学べる場を提供します。

えがおえたじま応援センター えがおえたじま応援センター えがおえたじま応援センター

小地域福祉活動推進事業についてはこちら

福祉教育活動の応援
【 福祉協力校を支援 】

福祉に対する知識や理解を深めてもらうために、地域活動と連携した福祉教育、学校教育、社会教育を行っています。

えがおえたじま応援センター えがおえたじま応援センター えがおえたじま応援センター
えがおえたじま運営委員会を設置
えがおえたじま運営委員会とは

地域で様々なボランティア活動をしている方々が運営委員として選出され、えがおえたじま応援センターの活動について協議しています。地域の方と一緒に運営することで、地域の様々な声を広く聴き取ることができ、よりよい活動に繋げていくことができます。開催頻度は年に2~3回で、現在の運営委員は7名です。(平成23年2月現在)

えがおえたじま応援センターパンフレット(表面)えがおえたじま応援センターパンフレット(裏面)
えがおえたじま応援センターパンフレットPDF
(2.4MB)

▲ ページトップへ

災害ボラネット活動

江田島市被災者生活サポートボラネット推進事業

江田島市被災者生活サポートボラネット推進事業とは

被災地で、被災者に寄り添いながら生活再建に向けたサポートを行う「被災者生活サポートボランティア活動」を推進し、災害時の市町域の行政や関係機関・団体とのネットワークをつくり、安心で安全なセーフティネットの構築を目指すことを目的としている事業です。

「被災者生活サポートボランティア活動」とは

「被災者生活サポートボランティア活動」は、災害によって被災した地域・市民に寄り添いながら、その生活再建に向けた支援を行う活動です。一般的には「災害ボランティア活動」という名称で使われていますが、被災者の生活支援を第一に考え、「被災者に寄り添い、サポートする」という視点を忘れないように「被災者生活サポートボランティア活動」と呼んでいます。

被災者生活サポートボランティア活動の図
「江田島市被災者生活サポートボラネット」では

「江田島市被災者生活サポートボラネット」では、平常時から、"いざ"というときの「共助」を培うために、ネットワークを活かして、以下の取り組みを推進します。

1. 顔の見える「関係づくり」
「江田島市被災者生活サポートボラネット推進会議」の開催

災害時におけるボランティア活動を円滑に行うために、協働による連絡調整や体制づくりの場として年に数回開催。関係機関同士で意見を出し合い協議します。また、各団体が顔見知りになることで、各関係機関の平常時からのつながりを強めることができます。

2. 被災者生活サポートボランティア活動の「ルールづくり」
「江田島市被災者生活サポートボランティアセンターマニュアル」の作成

災害時の「活動の基本的視点」や「被災者生活サポートボランティアセンター運営方法」などを盛り込み、市内の関係機関・各種団体の『災害時の必要最低限の役割と動き』を整理したマニュアルを作成しました。

江田島市被災者生活サポートVCマニュアル(PDFファイル)

江田島市被災者生活サポートボランティアセンターマニュアル 関係機関協働編

江田島市被災者生活サポートボランティアセンターマニュアル 事務局運営編

3. 防災時に求められる「ヒトづくり」
「被災者生活サポートボランティア研修会」の開催

平常時から、災害発生時にそなえて、被災者生活サポートボランティアセンター運営シュミレーションや、被災者生活サポートボランティア活動に関する研修会を定期的に実施し、被災者生活サポートボランティアに関わることの出来る人の確保と養成に努めます。

災害ボランティアバンクの設置・運営

高齢者や障がい者などの要支援者が避難所へ避難する際の介助といった、緊急を要する場合や、被災者生活サポートボランティアセンターを開設するまでもない規模の被災状況でも、被災者に対してボランティア対応出来るよう、災害時でも活動できるボランティア活動希望者を事前に登録しておき、必要に応じて臨機応変に対応できる体制を整備します。

4. 防災・減災への「情報づくり」
災害時・減災に向けた取り組みに関する情報収集・発信

被災者生活サポートボラネットが推進する様々な取り組みを、社協広報紙「しおかぜ通信」等で随時掲載していきます。また、災害時に有効な情報などは、このネットワークを活用して広く住民へ発信できる関係づくりを進めます。

5. 被災者生活サポートボランティア活動の「拠点づくり」
えがおえたじま応援センター機能強化 (災害対応を組織的に位置づける)

江田島市社協のボランティアセンターである「えがおえたじま応援センター」の中に、「災害時でも対応できる」機能を追加し、平常時から非常時まで幅広く対応できるボランティアセンター運営を目指します。

災害が発生したとき
江田島市社協の役割

えがおえたじま応援センターが、平常時から継続的に実施している活動を継続的に行うとともに、被災状況に応じて、江田島市をはじめ、関係機関・各種団体、また、市外・県内外からの協働による支援、それらの協働が促進される場として「江田島市被災者生活サポートボランティアセンター」を共同で設置し、要援護者を含めた住民に対して、「被災者生活サポートボランティア活動」による災害救援活動を組織的に行う総合窓口としての役割を担います。

<想定される役割>

市ボラネットによるネットワーク機能を活かし、(1)~(11)の役割を展開する。

  • (1) 市被災者生活サポートボランティアセンターの設置
  • (2) 被災状況、被災者の支援ニーズ等の把握
  • (3) 災害ボランティア活動に関する総合窓口による情報収集と発信
  • (4) ボランティアと行政・関係団体との仲介・調整
  • (5) 災害ボランティアへの支援(コーディネート)
  • (6) 市被災者生活サポートボランティアセンターの運営と人材確保
  • (7) 要援護者の生活支援
  • (8) 避難所(福祉避難所)の支援
  • (9) 市ボラネット事務局の運営
  • (10) 県ボラネットとの連絡調整
  • (11) その他、円滑な災害ボランティア活動のための支援業務
広島県被災者生活サポートボラネットとの関係

災害発生時は、必要に応じ広島県被災者生活サポートボラネットと連携して、広く県内外に応援を要請します。

▲ ページトップへ

ホーム個人情報保護についてご意見・お問い合わせサイトマップ

〒737-2302 広島県江田島市能美町鹿川2060番地
TEL:0823-40-2501 FAX:0823-40-2502 Mail:info@etajima-syakyo.org
受付時間:午前8:30から午後5:15まで 定休日:日曜、年末年始休